top of page

知らないとやばい!?未病ってどんな状態?



未病とは

未病とは、「健康と病気の間の状態」を指します。つまり、まだ病気としては診断されていないが、身体や心に何らかの不調やリスクが存在している状態なのです。未病という言葉は、病名の一種のように聞こえるかもしれませんが、実際には健康や病気といった状態を表しています。この未病の段階を見逃さず、病気になる前に適切な対処をすることが、将来の健康を守る鍵となります。


未病の要因

未病は、さまざまな原因によって引き起こされます。生活習慣や遺伝的な要素などが未病の発生に関与します。たとえば、過度なストレスや不摂生な食生活、運動不足などは、未病のリスクを高める原因となります。


未病のタイプ

未病は自覚症状の有無や医療機関での検査結果によって、2つのタイプに分類されます。それが未病Ⅰと未病Ⅱです。未病Ⅰは、自覚症状はあるが、医療の検査結果に異常が見られない状態を指します。一方、未病Ⅱは、自覚症状はないが、医療の検査結果に異常が見られる状態です。


未病の対処法

未病Ⅱの場合は、定期的な健康診断や人間ドックを実施することで発見し、早期治療で対処することができます。しかし、未病Ⅰへの対策は難しいです。未病Ⅰの方は自覚症状はあるが、医療での検査結果では原因が特定されない状態です。この人たちはむしろ病気と診断してほしい状態なのです。


まとめ

未病の段階において自身の状態を客観的に理解することで、はじめて危機意識が生まれ、それによって正しい健康管理が可能になります。超高齢化社会に突入していく日本において、未病という概念はますます重要性を増していくのです。


◉あなたも、未病のプロとして活躍しませんか?

未病栄養コンサルタントとは、分子栄養学をベースにして身体と心の仕組みを理解し、未病の段階で健康を見直すきっかけを提供する専門家です。この資格は、2021年9月に始まり、2024年4月時点で世界中から230名ほどの様々な専門家(管理栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士、医師、歯科医師、エステティシャン、ヨガインストラクター、メンタルコーチ、パーソナルトレーナーなど)が受講し、認定されています。

 

◼︎講座内容

基礎編:分子生物学と分子栄養学の基礎学習

講座では、まず分子生物学と分子栄養学を基礎編として教えております。これにより、細胞の仕組みや栄養素の生理作用を理解し、なぜその栄養素が必要なのかをメカニズムから説得力を持って説明できるようになります。受講者の方からは、これまでの経験と知識が結びついて線になったという声をよくいただきます。特に医療従事者の方は、学ぶ価値が非常に高い内容です。


実践編:WELL BE CHECKを活用したカウンセリング法を習得

WELL BE CHECKは、弊社が独自で開発したLINEの設問だけで未病を数値化することのできるツールです。このWELL BE CHECKのデータを分析することで、対象者の栄養状態だけでなく、睡眠習慣、ストレス習慣、性格やライフスタイル、そして心の状態まで考察することができます。生活習慣とは人生そのものであり、対象者の人生の背景をイメージしながら、本質的な健康課題を見つけていくことができます。


◼︎コミュニティ活動で同志に出会える

受講者および認定者は、1つのコミュニティとして交流会や勉強会を開催し、様々なプロジェクトに取り組んでいます。このコミュニティには多くの専門家が在籍し、お互いに知識を教え合ったり、業務提携したりしながら、未病産業を共創しています。


◼︎ヘルスケアビジネスの起業をサポート

将来的にヘルスケア領域で起業を考えている方や、すでにヘルスケア領域で起業をしている方には、特に最適な環境です。チーム未病のコミュニティには同じように起業を目指して活動している方がたくさんいらっしゃいます。失敗しない起業を目指していくためには具体的にどのような考え方や準備が必要なのか、またヘルスケア特有のマーケティングのノウハウまでみんなで切磋琢磨活動をはじめることが可能です。


◉まずはZOOMで無料個別相談から👇




閲覧数:115回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page